読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々これ上々

なにげない毎日のささやかな事件?を記録します。

心に残る言葉

3歳 ヴァイオリン 雑記

皆さんはマンドリンって楽器を知っていますか?

あまり知らないかな・・・?

私が初めてそのマンドリンに出会ったのは、大学の入学式。

校歌を演奏してもらったのですが、その繊細な音色が私の心の琴線に触れて、私も演奏してみたいと思い部室をたずねました。

その時、「入部しても先輩の様に弾けるのだろうか」と不安になった私は、

先輩に「弾けるようになりますか?」というなんとも愚かな質問をしましたが、

先輩はすかさず「難しくないと面白くないでしょ?」と答えてくれました。

すごく可愛くて素敵な、最後まで憧れの先輩でした。

そんなエピソードはすっかり忘れていましたが、

チビがバイオリンを習い始めて、最近は「しぶしぶ練習」していたのに、

先日初めて発表会のリハーサルでお姉さんやお兄さんと少しだけ合奏に加えて刺激をもらい、

そして、ようやく本物のバイオリンを手に入れ、家で本当に嬉しそうに楽器を触ったり音を出したりしていたので、なんとなくその言葉をふと思い出して、

「ママもね、昔、マンドチェロって楽器をしていたんだけど、

ママよりお姉さんでとっても楽器が上手な人が、ママに『楽器を弾くのは難しいから面白いんだよ。』って教えてくれたよ。

○ちゃん、合奏、楽しかった?」と聞くとチビは「うん」と。

「合奏する時には1人1人が上手に弾けていないと綺麗な音にならないんだよ。

綺麗な音を出すには、面白くないなあと思う練習もうんと踏ん張って練習して、一生懸命練習するとそれさえも面白くなるし、合奏ももっと楽しくなるよ。」となんとなく話すと、

すごく心に残ったようです。

とくに先輩の言った言葉がそのまま印象に残っているみたい。

シンプルなこの言葉ですが、色々なことに言えるかも知れません。

これからチビはなんでも頑張れるし、未来は果てしなく開けているので、

バイオリンを通して、なかなか出来ないことでも真剣に向き合い努力することで、道が開けるというような体験を重ねられたらいいなと思います。

それがチビにとって1つの自信になると私は思っています。

 

f:id:kabosuchan:20170314215009j:plain