日々これ上々

なにげない毎日のささやかな事件?を記録します。

ボードゲーム カタン

突然ですが、小学生男子は熱量多いですね!

どんなに寒くても半そで短パンで小学校へ。
自分が寒いと、思わず「長袖にしたら?」と何度も提案してしまいます~。

実際ちょっと寒い時もあるようなのですけど、上着を着たり脱いだりするのが、

面倒なようです。

今日もマンションの同級生が半そで短パンだったので、「寒くないの?」

と聞いてみるも「寒くない」とのこと。

そのお友達のお母さまも全く同じようなことを言っておりました。

低学年、男子あるあるなんでしょうか?

私も真似をして半そでで駅まで行ったところ、大人で半そでなんていませんでしたよ。

寒かった~!!

 

ところで、最近休みの度にゲームボード「カタン」やってます。

ボードゲーム界では有名ですよね。

カタン!!

item.rakuten.co.jp

将棋ほど1手1手詰めずに進めるので、息子も気軽にできるようです。

将棋だと絶対主人には勝てない息子ですが、

こちらはある程度運もあるので、結構息子強いです。

この「カタン」の面白さは欲しいカードを上手く交渉して手に入れ、

ゲームを進めることにあるそうですが、

母子だと息子の「くれくれ」オーラが強い!!!

そして、母、ちょっと甘めにあげてしまう(笑)

子に甘いのね。

なのでいつも負けますが、

主人は勝ちに行くので、

本当にいい勝負ですよ。

ルールも分かってしまえば簡単です。

 

にしても、負けが込んできたら、未だに泣いたり拗ねたり。

「勝ちたい」気持ちが強いタイプなので、

ちょっとずつマシにはなってきているとは思いますが、

あんまりひどい時は、

「自分が負けそうになった時だけぐずぐず言ってると、

次は一緒に遊べないなー」と言っております。

どう伝えるのが正しいのかな~。

前向きに伝えるには、どういうのがいいのだろう?

 

以前、私の父がうちの息子と将棋をやった時に、

負けが込んできてズルしようと駒を動かす息子に、

「おぉ、お前、皆から相手にされん奴やなー!!あっはっは。」

と気にとめる様子もなく、でも、「そうだな」という説得力がある話しぶりで、

息子が責められている感じもしない雰囲気で、

お構いなしに笑顔でゲームを続け、

もう完全におおらかな大人の対応だったんですね。

そういうのを目指したいのですが、

なんか飲まれちゃうなー。つい同じ土俵に立ってしまうというか。

そして、主人も本気でむっとしているので、

ほんと未熟な大人が両親でごめんねーと思います。

じじばばには、たまに私ははっとさせられる。

年の功ですかね。

 

ちなみに我が実家でも、昔ボードゲームをよく家族でやっていました。

未だになんとなく楽しかった思い出として残っているので、

息子も楽しい記憶として残ったらいいな。

未だに去年買ったボードゲームも活躍していますよ~。

 

kabosuchan.hatenablog.com

kabosuchan.hatenablog.com

最近のお勉強の様子

最近はz会も見直しもせずに(涙)さっさかと終わらせてしまいます。
ケアレスミスが多い・・・、というか、ケアレスミスしかない・・・・。

以前はかなりの確率で問題で遊んだりしていたので、
成長が寂しいですが、
最近掛け算を習い始めて目新しかったのか、
先日は久々に深追いをしておりました。
曰く、「小数点の掛け算の問題を作って!」とのこと。
寝る直前になぜか火が付き、寝るのが10時近くになってしまいましたが、

Z会でちょうど6の段をやったので、それを踏まえて問題を作りました。

何問か問題を作って、寝る時間だったので、

「布団でやる?」と聞いたのですが(怠惰)

「ちょっと待って!勉強机でやらなきゃ、やりにくい!」とそそくさと椅子に座り、

裏紙にせっせと。

f:id:kabosuchan:20211017231107j:plain

うちは先取をしていないので、そもそも少数を習っていないし、掛け算の筆算も習っておらず。

6の段うろ覚えで、混乱して間違えるので、

6の段を教えてあげようとしても「簡単に教えるなー!!(怒)」とちょっと厄介。

でも、足し算の筆算をヒントに、掛け算でも筆算が出来ると感じたのか、

自分で考えて小数点の掛け算を筆算でしておりました。

眠いのもあって、「"6”は一番右に書いた方がいいよ。」と言っても、

怒って聞かない。

まあ、いつか学校で習うだろうと放って置きましたが、

この時間に突然何問か解いて、気が済んだら、布団に倒れるように寝ました(笑)

息子のこういうところ、面白いですよね。

 

今日は寝る前に「〇ちゃん、当たり前と思われてることが最近疑問なの。

例えば、なんで重力が働くの?とか。質量があれば、重力が働くのは分かったけど、

そもそもなんで?ママわかる?」

「水がね、氷ると固まるんだけど、なんで温度が低くなるとそもそも固まるの?

冷えると分子と分子が手をつなぐと言っていたのだけど、そもそもなんで?」

とか。

 

わ・・・わかりません・・・。

 

そして、子供新聞を寝る前に読んで欲しいと頼まれ読みました(自分で読んでよー)。

今週の子ども新聞は宇宙のネタ。

JAXAでは何年かぶりに宇宙飛行士を募集するそうな。

今までは理系の人材を選んでいたそうなのですが、

今回は文系でも応募可能なんだとか。

その記事を読んで、

息子が

「〇ちゃん(息子)は理系だと思う。今、気になっているのはエネルギーと理科の実験。」とのこと。

やっぱり、環境のことは気になっているんだなと思いました。

 

今度、栄光ゼミナールでやっている無料の理科実験教室に参加することにしましたよ。

初めて塾という場所に入ります(ただ入るだけですが)。

どうも国語と算数の15分程度のテストを受けなければならないようですが、

実験やりたさにそこは頑張る模様です。

www.eikoh-seminar.com

ちなみに読書。

フィクションものはやはりあんまり好きではないみたいで、

↓これとか

product.rakuten.co.jp

↓これとか

books.rakuten.co.jp

↓これとか

books.rakuten.co.jp

はよく熟読しています。図鑑ですけどね・・・。

ちなみに図書室で借りてくる本は工作の本ばかりだったり・・・。

でもまあ、いっか。

ちょっと前まで、物語を読んで欲しいな~と思っていましたが、

最近は「好きな本をよんでくれい」と適当になってきております。

 

テレビは「キテレツ君」がブーム。

藤子不二雄様ですねー。

そして、先日月に1度の工作(プログラミング)教室で、

ゲームのマイクラを息子もやらせてもらったようで、ソフトをサンタさんに頼みたいと言ってきている・・・。

いよいよ来たか。ゲーム問題。

個人的には、ゲームはさせたくないのですが、どうしようかなー。

私も昔ファミコンを一時期やりこみましたが、

低学年で卒業したし、大丈夫かなーと思ったり。

ちょっと悩むことにします!!!

 

 

 

少しずつ少しずつ

先日、息子のバイオリン教室のお友達のママさんと鎌倉でかるーい食事&お茶会をしました。

ひさーーーびさに集まり、おいしーーーいスープで会話も弾んだー!!

↓こちらのお店、良かったですよ♡おすすめ。

exotica.therestaurant.jp

 

ところで、最近、息子、少しずつ、少しずつ、

親から離れて行っているなーという感じがしています。

まだまだ手は繋いで歩いてくれるし、

膝にも乗ってくるし。

世間的には甘えん坊の最たる感じなのですが、

昔みたいに「大好き、大好き」攻撃が減ってきたような。

なんだかちょっと照れている感じもあったり。

昔は

「ママが好きすぎる~!!!大好きが止まらない~!!!」

「〇ちゃんの『ママ好き』は無限なんだよ。宇宙よりもおっきいんだよ。」

とかね、言ってくれていたのだけど。

なんだかその好き好き攻撃が減ってきたので、

なんとなく寂しくなった私は、

突然「ママは〇ちゃんのこと宇宙の果てくらいまで好きかな!」と言ってみたところ、

息子は今までの甘い感じではなく、

「〇ちゃんはママのこと、宇宙の外の『何もないがある』ところまで好きだけどね。」

とは言ってくれたが、言い方がクールというか、

前の必死さがないというか。

あーそろそろ子供っぽい可愛さともお別れなのね~。

さよならせねばならんのねーーーーという、焦燥感??ともいえる気持ちが

ふつふつと湧いてきている今日この頃です。

 

ご近所の子もいつもにこにこしていた可愛い表情が大人っぽくなってきたというか。確実に1年前とは違ってます。

そろそろギャングエイジの入り口なのかなー。寂しいぜい。

 

覚悟はしていたつもりですが、

よくよく考えたら、明日は「大好き」と言ってくれないかも知れない・・・!

と気づいた私。

二度と手をつないでくれなくなるかもしれないのか!!!

今の「大好き」が最後の「大好き」かもしれないと肝に銘じて、蜜月を日々味わおうと思う今日この頃です。

 

そういえば、先日育児の記事で

トイレの個室で子供が大きな声で色々とおしゃべりするのが筒抜けで恥ずかしいというものが

ありました。

我が息子もおしゃべりだったので、いつもトイレで

「ママ、しーーーっおわった?ママ、〇ん〇んないね!お父さんはあるよ!!!」などにこにこしながら大きい声でおしゃべりするので、恥ずかしかったのを思い出しました。(育児あるあるですよね・・・)

その記憶と芋づる式に思い出したのが、3歳くらいの時だったかな。

良く行くショッピングモールのトイレの"音姫"的なものが故障中だったので、

「あ、音が出なくなってる!!」と言った時の事。

息子がちょっと考えて、

「まま、〇ちゃんがじゃーーーっていってあげるよ。その間にしっし、していいよ。」

と言って、

「じゃーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」と叫びだしたことがあり、

あれは予想外に恥ずかしかったなと思い出しました。

今となっては良い思い出。

屈託のない、にこにこ笑顔が可愛かったなー。

 

f:id:kabosuchan:20211012134524j:plain

 

↑相変わらず好きな飛行機のおもちゃ。

2年前に買ったボロボロになっていたゴム動力の飛行機を竹ひごで修理したり、

プロペラなども自作して自分でゴム動力の飛行機を作ったり、

先日は貯めたお小遣いで、新しいゴム動力のおもちゃを買っておりました。

飛行機熱、まだまだ下がっていないようです。

これからどんな成長をみせてくれるのか。

息子の世界がどんどん広がっていきますように。

楽しみ楽しみ。