日々これ上々

なにげない毎日のささやかな事件?を記録します。

6歳になりました② ~苦手なこと・習い事のことなど~

また時間が経ってしまいました。

前回書いた「レゴが面白すぎる」ですが、タイヤパーツを全部使い切ってしまったら、

崩すのが嫌でということで、レゴでぱったり遊ばなくなりました。

8月は久々にカプラにハマっていて、建物をバシバシ作っておりました。

その作品が、私にはフランク・ロイド・ライト落水荘に見えてきます(→親ばか)。

f:id:kabosuchan:20190726062226j:plain

8月に帰省してからは、飛行機に目覚め、飛行機ばかり作っております。

ではでは、6歳0カ月(今は2カ月だけど)、息子の苦手なことからまいりましょう。

 

①勝負事

嫌いですね。絶対勝ちたいが為に、くじとか運がからんでくるものもやりたがりません。ゲームとかも。

幼稚園とか集団では仕方なくやっているようですが、

めばえ教室の教材でゲームがあるのですが、1回目はやるけど、2回目不参加だったりします。

年少の時よりはずっとマシですが、将棋とか野球とかやらせたいけど、

うまく導けるかな~・・・。

これから色々あると思うので、自分で勝手に強くなるかな。

ほっておくしかなさそうかな。

 

②挨拶

挨拶は恥ずかしいらしいです。

でも、先日、エレベーターに一緒にのったおばあちゃんがにこにこ「こんにちは」と

挨拶して下さったのに、なんと寝たふり!!

さすがにひどいと思い厳しく注意して、「そういえば、町内のお祭りのときは『有難うございます。』って、丁寧に言えてたやん!」というと、

「最近、頑張ろうとは思ってるの。」というではありませんか!

で、次の日から、マンションの管理人のおじさんには「こんにちは」というようになりました。

 ↑これ7月のはなし。

再び挨拶しなくなりました。

ううううううむ。

何かの本に「親がきちんと挨拶していれば、いつか出来るようになる」と書いてあったので、あまり口うるさく言わずに私がお手本を見せ続けようと思います。

苦手事項はこんな感じかな。

 

あと習い事は悩みの種ですね。

最近次々と周りが習い事を始めました。

英会話とかそろばんとか。

特に英会話は2020年小学校入学の我が世代。

小学校で英語教育が本格的?に始まります。

英語とかプログラミングとか、なんだかな~という感じ。

が、しかし、

周りを見渡せば、結構な割合で英会話教室へ通っています。

大学時代の友人にその話をすると「義務教育の間は皆平等に教育を受けられるようにすべきだよね!!(怒)」と怒っておりまして、

久々に「清々しい!」と心を洗われた気持ちになったのですが、

お兄ちゃんがいるママ友の話を聞くと

「周りが英語が得意だと、劣等感で苦手意識がでてくるから、行かせておけばよかった~」と後悔していたり、悩みます。

自分の時代にはなかったことなので、正直言って、よくわからない・・・。

テストとかも変わってくるし。

ちなみに、大学の試験に民間のテストを取り入れるのは本当に反対です。

都会と地方で格差が出る方法というのはなんともおかしいと思います。

と話が色んなところに行きますが・・・。

ちなみに主人は「今は英語自体を勉強するより、語る内容がある人物にする方が大切。中身があれば、英語が出来なくても話は聞いてもらえる!」とのこと。

確かにね。

なので、自宅学習でいいかなと思ったりしていたのですが、

1度行った英会話教室が思いのほか楽しかったようで、息子がやる気満々なので、とりあえず通ってみることにしました。

といっても、11月くらいからかな。

 

バイオリンはとっても順調です。

8月に全国からスズキメソードの子供達が松本に集まる夏期学校があり、

すごく刺激を受けた様子。

基本出たがりなので、10月の発表会も張り切っています。

11月にゴセックのガボットの録音審査があり、

それに向けて、今頑張っております。

練習も欠かさずやっていて、以前は間違えると泣きながら間違えなくなるまで練習したり、私の言うことは全く聞かず、部分練習などは拒否したりとなんだか

極端な感じで私もイライラさせられましたが、

最近は部分練習を何度も頑張ったり、私の話もちゃんと聞くようになりました。

それに強弱をつけれるようになり、やわらかく弾くとか、スタッカートとか、

少しずつ早くするとかやっているうちに、弾くことが少し面白くなってきたようです。

「ここ弾く時、興奮してるの。」とか言っていて、ちょっと可愛い。

成長ですね。

 

あとはめばえ教室ですね。

先日、知能診断がありました。

それに合わせて面談もありました。

 めばえ教室は今年で終わりにしようかなと考えていたのですが、

先生が息子の良き理解者過ぎて、私の心をつかんでおります。

「○ちゃんは、『誰かと一緒に』とかではなく、自分でどんどん好きなものを見つけて、それをつかんでいく力があります。なにも心配しなくても大丈夫です。

本当に超個性的で、とっても心のいい子です。」

去年もそうでしたが、私がすごく励まされるというか。

一応、今回で辞めると伝えたところ、「もう一度考えてみて~」と言われてしまい、

ちょっと後ろ髪を引かれているだけに、悩んでいるわけですが。

英会話始めるなら、時間的にも経済的にも辞めないと厳しい。

個性的っていうのは、バイオリンの先生にも言われるので、

まあ、なかなか個性的な子なんだろうなーー。いやいや、個性的だと思う~~。

 

習い事、悩みますね~。

本人は

「めばえと英会話に通うのは無理じゃないかな~。工作する時間は絶対必要。」

だそうです。

小学校にいったら、宿題もあるだろうし、遊びも大切!!

うちの小学校、宿題が少ないらしいというのも悩みの種!!!

先生、しっかり宿題だしてくれいYOU!

私的には、バイオリンと野球、とか、バイオリンと水泳、とかが理想かな。

まあ、なんでも習えばいいってものでもないですけど、英語は悩むわ~。

 

もう年長さんも中盤です。

卒園まであっという間だな、きっと。

久々に2歳くらいの時の写真を見るとかわいすぎる!!!

あとどのくらい手をつないでくれるのだろう・・・。

今の可愛さを堪能せねば~!!!!!

f:id:kabosuchan:20190917121104j:plain

↑飛行機コレクション一部

 

6歳になりました① ~幼稚園での様子・好きなこと、もの等~

早いもので先日息子が6歳の誕生日を迎えました。

3歳直前の引っ越しで育児が迷走していた私ですが、

ようやく子供が本来の落ち着きを取り戻し、

それを見て、私自身もよ~うやく一息つけたという感じがしています。

息子の様子がおかしいと感じてから、2年とちょっと。

 

1.あのまま引っ越さなければ悩まなかったのか?

2.それとももともとの息子の性格なのか?

3.いやいや私の子育てがまずいのか?

4.この子はこのままでいい!

5.いや、このままで大丈夫なの?

 

というのをぐるぐる回り続け、悩み続けて、なんだか疲れたなーと近くの漢方も扱う(そして主婦の愚痴も聞いてくれる)内科の先生にかくかくしかじかと話したところ、

「むつかしい数学の問題をひたすら解き続けて、でも解けなくて、頑張りすぎて疲れている状態」だとのことで、漢方を処方して下さいました。

で、ネットでその漢方のことを調べてみると

「同じことをずっと悩み続けている人に良く効く」と書いてあって、

「そのままやん!」と思いましたが、軽いうつ症状などにも効くものらしいです。

で、効果のほどですが、・・・・あっという間に効きました・・・。

気持ちの問題なのか?

でも、自分ではなかなか立て直せなかったので、助かりました。

同じようなことでお悩みの方、漢方いいですよ~。

そんな感じで、元気に毎日を過ごしています。

とりあえず、悩むことを途中で辞めずに悩みぬいた自分にお疲れ様と言いたい。

まあ、これからも色々あるんだろうけど、

子供のことを気にかけながらもおおらかにどんとそこにいることの難しさをひしと感じる今日この頃です。

 

では最近の息子の様子をつらつらと。

(↓クリームが苦手なのでクリーム少なめのロールケーキ。見た目はアレですが、味はまあよし)

f:id:kabosuchan:20190714042840j:plain

★幼稚園

息子ですが、新しいクラスにも慣れ、昔馴染みのお友達も割と多いので、

そこを足がかりに少しずつ新しい馴染みのお友達を増やしているようです。

4月5月の朝は「幼稚園行きたくない」と愚図っていたのですが、

それもなくなり、降園後はお友達と沢山遊んでいます。

先生曰く、「今まではもともと知っている仲良しのお友達と一緒に遊んでいましたが、最近は色々なお友達に声をかけています」と言われ、ようやくこの日が来たか。

とホッとしています。

 f:id:kabosuchan:20190716000910j:plain

もうすぐお泊まり保育なので、とっても楽しみにしています。

子供たちで買い物に行ってカレーライスを作るんですよ。

キャンプファイヤーや花火もするそうです。そりゃあ、楽しみですよね。

良かった、良かった。

 

★好きなテレビ・絵本など

興味も広がったのか、テレビも色々見るようになりました。

でも、鉄板はやっぱりNHKのBS「コズミックフロント」です。

同じようなネタが色々な視点からぐるぐる回っている気もしますが、

最近のニュースははやぶさ2の2度目のタッチダウンの成功でしょうか?

あと「地球ドラマチック」で面白そうなのがある時とか、

最近は「NHKスペシャル」で恐竜の特集とか(仲良しのお友達が恐竜が好き)、

チコちゃん、鉄腕ダッシュ、どうぶつピースも好き。

びっくりするほどテレビをみなかったのに、すっかりテレビっ子になりつつあったりします。

とはいえ、ドキュメンタリーが好きなので、アニメはイマイチですが、ドラえもんは好きで(でも、ジャイアンに本気で怒っているけど)毎週欠かさず見ています。

 絵本もやっぱりフィクションよりは科学的な視点があるものが好きです。

あまがえる先生シリーズは好き

www.ehonnavi.net

 

★動物

小動物との触れ合いも大好き。

ひよこ、ウサギどまりだったのが、犬や猫、アヒルや鶏まで行けるようになりました。

先日動物ふれあい広場に行くと鶏を抱えて走っていてビックリ。

 「可愛い」と優しい笑顔になっている息子の顔をみると私もほんわかします。

 

★好きな遊び

室内遊びは相変わらず工作が好きですが、最近レゴデビューしましたよ。

幼稚園に年長さんからレゴ(クラッシック)がおもちゃとして増えて、

男子に大人気だそう。

皆自分のロッカーに自分の作品を隠し持っていて(先生も許可しているみたい)、毎朝ちょっとずつバージョンアップさせているそうです。

うちの子も「レゴ、おもしろすぎる」と言っております。

そんなわけで、バイオリンの練習を2カ月サボらず頑張ったという名目で

我が家もレゴを購入し、ニューブロックとラキュー、レゴで飛行機やロケットなど

作りまくっています。

レゴは窓ガラスのようなブロックや本物っぽい形状の部品など(たとえばハンドルだったり)をブロックにつけられるのが楽しいですね。

私も、なるほどなるほどとレゴの楽しさを再認識しています。

あと今ハマっているのは紙粘土。好きな形のものを作って、固めて、色を塗って、

ニスを塗って完成。

ものすごく作品を大切にしています。

ブロックとは違って、自分の好きな形に、好きな色に出来るところがお気に入り。

 

外遊びは砂遊び(アリの家をつくるのと枯れ葉や木の枝を使って今にも落ちそうな橋を作るのが流行っています。)と自転車でお友達と公園の道なき道(草ぼうぼうな場所)をオフロードみたいに乗り回すこと、あとはお誕生日プレゼントのキックボードもお気に入りです。

f:id:kabosuchan:20190715235808j:plain

 

~6歳になりました②へ続く~

 

GW バイオリン発表会と沖縄と(5歳8カ月)

なかなかタイムリーに記事を書くのって難しいですね。

我が家のGWの2大柱は

①バイオリンの発表会

②沖縄旅行でした。

それぞれ感想を。

 

①バイオリンの発表会

年少の時、3カ月くらい習って1度辞め、年中からまた始めたのですが、

年少で習い始めてすぐの頃に発表会があって、その頃のビデオを見ると、

箱で作ったバイオリンを脇に挟むことすら一生懸命な息子の姿。

まだ、手が思うように動いていないというか(↓3歳の時の写真)。

f:id:kabosuchan:20190516093310j:plain

なんだろう。ただただひたむき。

先生が「10回弓ふりしようね。」と言えば、「おうちではね、100回やっているの。」など答える無邪気さもあったり、

久々にみた初めてのバイオリンの発表会のビデオにはもう会えない3歳の息子が映っていました。

今回、緊張しない性質の息子は、なんだかポケットに手を突っ込んだり、

私の顔を見つけると「ママ、ビデオ撮ってよ」と口ぱくで言ったり。

あの頃のひたむき感はどこに行ったんだ?と聞きたくなる感じではありましたが、

来て下さった幼稚園のお友達からは「堂々としていて、本当に良かった」

と褒めて頂き、

ビデオ見たうちの母は「○ちゃんが一番うまかった!すごい!」(→こればバババカ)

とべた褒め。

f:id:kabosuchan:20190516093351j:plain

本当に成長したなと感慨深いものがありました。

練習、頑張ったもんね。

途中何度か苦しくなりかけていましたが、なんとか持ち直し、

今回の発表会も無事に終了しました。

母も手に汗。

年中になってもなかなか幼稚園がうまくいかず、

悩んだ末バイオリンを再び休もうかと思った時に、

「辞めない方がいいと思いますよ。○ちゃんの自信になります。

こんなことをいうのもなんですけど、

お母さんが覚悟を決めれば、幼稚園なんて行かなくても大丈夫です。

細く長く行きましょう!」

と先生が引きとめて下さって、なんとかここまで続けてきましたが、

バイオリンが息子にとっての「自信」に確かに繋がっていると私も最近感じています。

それは、「やりたくない練習に嫌々ながらもサボらず毎日取り組み、

ちょっとずつ弾けるようになる」ということを繰り返すという地道な積み重ねによって出来あがったものかなと。先生に感謝です。

あとは、同級生が2人いたのも良かったです。

幼稚園児が毎日ちゃんと真面目に練習するなんて、

並大抵のことではないんですよね。

同級生のママ達とふーふー言いながら、

試行錯誤したり、時には自己嫌悪に陥ったり。

子供も波に乗っている時もあれば、まったくやる気が無くなったりして。

皆一筋縄ではいっていないので(笑)、それが標準的な幼稚園生なんだなと思います。

でも、最近、皆、一皮むけてきましたよ。

バイオリン仲間のお友達は人と比べて自分は出来ていないなと思うことが有った時にママに「でも、私にはバイオリンがあるもんね。」と言ったそうです。

うちも、「11月の録音で1巻の卒業を目指す!上手になりたい!!」と言っています。

 こんなことを言う子供達。さぞや練習では・・・!と思うのですが、

相変わらず練習が嫌い(笑)

やる気がないわけではなく、遊びたい気持ちを切り替えれなかったり、頑張りたいけどなかなか弾けないのでイライラして自分に激怒していたり。

「そんなんじゃ、うまくなれるわけがないわーーーーい!!」という言葉を

呑み込んで、日々ママ達も精進するのでした~。

 

 ②沖縄旅行

 楽しかったです~!沖縄旅行・・・!

ちゃんとバイオリンも持って行きましたよ。荷物が多い・・・!!

3泊4日。令和初日を沖縄で迎えました。

ちなみに前日が海開きでした。

■泊ったホテル:ベストウェスタン

bestwestern-kouki.net

コンパクトなホテルです。

5歳児連れには目の前はビーチで、部屋もそこそこリゾート気分を味わえ、お値段が安い!!

とても良かったですよ。

ちなみにこのホテルの目の前に「しまあかり」というご飯屋さんがあります。

http://shimaakari.com/hino/nago_lunch_201806/

すごーく美味しかったです!

優しい味付けの沖縄料理が食べられて、唐揚げは美味しいし、子供も大満足でした。

店内は小さな子供の遊び場があったり、プロジェクターで沖縄のお魚が泳いでいる映像が流れていたり。

いいお店でしたので、お近くにご宿泊の際は是非。

 

■気候

GW中の沖縄の気温ですが、結構波がありました。

初日は30度近かったので、海に割とすんなり入れましたが、

2日目は雨が降ったのもあって、半袖に長袖のレインコートでもちょっと肌寒い感じ。

3日目は快晴でしたが、気温自体は25度行ったかな?

海はちょっと寒かったです。

年によっては梅雨に入ってしまうこともあるようです。

 

■5歳児と楽しんだこと。

海水浴と砂浜遊び。花火も浜でやりましたよ~。

f:id:kabosuchan:20190516102712j:plain

砂浜や海がきれいな事に驚いていました。

雨の日はちゅら海水族館や近くにあるプラネタリウムへ。

皆同じことを考えていて、水族館はめまいがするほど混んでいました・・・。

アクティビティはカヌーをチョイス。

本当は透明なカヌーに乗って海を進むシーカヤック希望(息子が)だったのですが、

前日降った大雨の影響で海にうねりがあるとのこと。

唯一やっていたマングローブカヌーに親子で挑戦しました。

kaiyuu.biz

f:id:kabosuchan:20190516103317j:plain

息子には写真下に落ちている小さなオールが用意されていましたが、

息子が「大人と同じがいい」というので、

おじさんがちょっと軽めなのかな~?大人とほとんど同じオールに変えてくれましたよ。

おじさん、坊主頭で怖いのかと思いきや、関西弁の優しいおじさんでしたよ~。

汽水の生き物や、マングローブの説明を質問を交えながら、

色々話して下さいました。

もしまた沖縄に行ってアクティビティをするのであれば、

同じところに頼もうかな~と思っています。

ちなみに息子も想像以上に上手に漕いで(私とそんなに変わらない・・・!)

「はい、右に力入れて~」なんて指示を飛ばしておりました。

マングローブカヌー、そんなにパワーがいるわけでもないし、とってものーんびり楽しめました。

5歳児にはちょうど良かったです。

 

■おまけ

洗濯物を干すロープを持って行っておけば良かったなー

 

というわけで、親子共々リフレッシュ出来た旅でした。

息子は最終日「帰りたくない」とホテルで涙目。

未だに「沖縄いきたーい」と思いだしてぼやいています。

いやいや私も行きたいけどさ~

f:id:kabosuchan:20190516105137j:plain

(↑息子が作った防波堤)