日々これ上々

なにげない毎日のささやかな事件?を記録します。

どこまでが真実??

先週のチビは幼稚園に行きたがらず心配し、
そして今日も、そう、やっぱり「幼稚園に行きたくない」と言ってぐずり。

ズボンをはかせるにも一苦労。重いし、強い・・・。

しょうがないので、一緒に幼稚園での楽しいことをあげてみると、

①お兄さんやお姉さんに手を繋いで散歩してもらうのは楽しい

②山の斜面を滑り降りるのは楽しい

③プールは楽しい

④しんぶんびりびりも楽しい

⑤プチプチをするのも楽しい

⑥給食&お弁当は楽しい

⑦お友達と手を繋ぐのは楽しい。

⑧絵具をぬるのは楽しい。

⑨泥遊びは楽しい。

⑩踊りを踊るのは楽しい。

⑪歌を歌うのは楽しい。

⑫絵本を読んでもらうのも楽しい。

⑬体操教室は楽しい。

「案外楽しんでない?」と意外に思ったので、「なんで楽しくないの?」

と聞いてみると、「お部屋の遊びが楽しくないの」というので、

詳しく聞いてみると、

「ブロックが割れていて遊びにくい。それからブロックがゆるくなって作っても崩れる。」

「・・・そこ??」

「じゃあ、なんこブロックが割れてるか数えてきてよ。」などと話しているうちにちょっとエンジンがかかってきて、
ようやく洋服を着せれたと思ったら、
今度は長袖のスモックじゃないと着ないと言い張るので、
暑い中、なぜかうちの子だけ長袖スモックでの登園となりました。
もちろん半袖は先生に渡しておきましたが、
結局着替えず、外遊びも長袖だったようです。

お迎えに行くと、靴はびちょびちょだし、スモックは泥んこ・・・、
泣いて別れたにしては豪快に遊んだ模様・・・。

先生が「あんな別れかたをしたらお母さんは心配でしょうけど、
離れた瞬間切り替わって、『●ちゃーん』と言ってお友達と手を繋ぎ、元気に遊んでしましたよ。」
とのこと。
なんだそれ。

公園でおやつのアイスを食べ、家に帰ってきておにぎりを食べたのち、

あえなく撃沈。

f:id:kabosuchan:20170619174511j:plain

夢の世界へ旅立ちました・・・。

バイオリンの練習してないぞー!!!おい!!!

保育参観(3歳10カ月)&日常の事

先日幼稚園の保育参観がありました。

チビも今日はお母さんが一緒にいてくれるというので、

すごく張り切っていました。

朝礼では、先生に「ママどこ?ママどこ?」としつこく聞いたり、

列の一番先頭に来て、父兄の列に懸命に視線を送り、

とんとんまーえをしながら、必死に私を探したり。

 

にしても、いつも朝別れる時には「ママ、一緒にいて」と泣いたりするので、

もっとおとなーしくしているのかと思っていたら、

結構お友達にちょっかいかけたり、気に食わないことがあったら怒ってお友達に攻撃したり(もちろんこれは後で怒りました。)、

そして、良くしゃべる&「なんでなんで」君を存分に発揮。

先生がお話している間も不思議に思ったことをすぐに聞く・・・。

そして答えてもらえないとしつこい・・・。

先生もやりにくいだろうなあ・・・。

「なんで?」と疑問に持つことはいいことだから今までなるべく答えてきたけど、

すこし人の話をちゃんと聞くことを教えないといけないなあと反省したハハでした。

そんなこんなで体育館でゲームをした後、幼稚園の周りにある山を散策して、

最後にお部屋でチビ達が作ったプレゼントをもらいました。

先生が皆を前に「きっとお家のかたも喜んでくれたと思います。」というと、

くるりと後ろを振り返り、大きな声で「喜んだ?」と私に確認。

周囲から笑いが漏れましたが、・・・自由すぎる。

f:id:kabosuchan:20170608110714j:plain

 

そんな感じで、チビは私が心配しているほど殻に閉じこもるでもなく、

男の子の激しい動きにはびびりつつも、自分をそれなりに出しながら、

幼稚園生活を送っているようです。

多分私がいたので、テンション高めだったのもあると思いますが、

少し安心できた参観日でした。

 

にしても、本当に最近は口が達者で態度もでかい。

昨日も朝ごはんにホットケーキがいいとちびからリクエスト。

でも、チビが便秘気味なのと、最近おやつおやつというのを警戒して、

私「ご飯とお味噌汁だよ。」というと、

「ホットケーキにして!」「ご飯いらない!」とか、それからこじれて、

「ごはんは炊きたてがいいから、今から炊いて」とか、「古いのはいらないから捨てて」とか。

我儘を炸裂させたので、私も頭にきて、どっかーんと怒ったのですが、

いっこうに収まりそうにない。

で、旦那さんが「ご飯をすてろとは何事か」と恵まれない子供たちの話を始めたのですが、「暑くて雨が降らなくて食べ物が作れない」と言えば、

「お店で買ってくればいいんじゃない?」

「お店に並んでいるのは、農家の人が作ったものなんだ」と言えば、

「日本からお水を運べばいいんじゃない?」

「お水を運ぶのって大変なんだよ。お水ってすごく重たいんだよ。

遠くに運ぶには、時間もお金もかかるから。」となり、

なんだか本題からどんどんずれていく。

まあ、ヒートダウンしていったので、良かったですが、

なんだか説明しながらも「そこじゃないんだよ!!」と心で叫び、

でも説明しないとしつこく「なんで?なんで?」と聞いてくるので、

本当になんといっていいのやら。

 

話は変わり、

うちの幼稚園は、水曜日が早帰りの日でお昼を食べる前にお迎えに行きます。

迎えに行くとチビはその時既に空腹maxなので、幼稚園の外のお寺のベンチでお弁当を食べます。

昨日は先生が通りかかったので、チビのその日の様子を聞けたのですが、

なんと皆で裏山の斜面を滑り降りる時に(なんだかうちの幼稚園、これを日課としているんです・・・)、好きな女の子と手を繋いで滑っていたそう(笑)

母は心の中で「なかなかやるな」と驚いたのでした。

仲良くなれるといいねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ"写真日記"に関してのお知らせ

5月というのに日差しが強いですね!

夏本番が思いやられます。

表題のお知らせなのですが、私はこちらのブログとは別にもう一つ"写真日記"というブログをしています。

"写真日記"の方が日常の様子をこちらよりは頻繁に更新しているのですが、

私が暮らしている地域が結構こじんまりしているというのもあって、防犯上の理由により、"写真日記"にパスワードをかけることにしました。

身内だけの閲覧になります。

もともと検索エンジンにのらないようにしていたのですが、

身内以外にも読んで下さっている方もいるので一応お知らせです。

今まで読んで下さって有難うございました。

 

こちらの"日々これ上々"もこれからどうするかはっきりは決めていませんが、

今のところは一部写真を削除したりする予定。

もしくは一度ブログを閉じて、新しいブログを始めるかもしれません。

 

先日幼稚園で防犯教室というのがあって色々お話を聞いたのですが、日本の性犯罪の発生件数のピークが一度7歳でやってくるそうです(日本は特殊だとのこと)。

ぞっとしました。

うちは男の子だけど、3割(確か)くらいの被害者は男の子らしく、他人ごとでは済まない感じ。

ブログが何か犯罪のきっかけにならないとも言えないので、

少し悩んでいる最中です。

皆さんもお気をつけ下さいね。

 

 

 

幼稚園、少しずつ慣れてきてい・・て欲しい(3歳10カ月)

どんどん日差しが強くなっていきますね。

引越しをしてきて約6カ月、幼稚園が始まり約2カ月。

まだまだ心配は続いていますが、まあ、ようやくちょっとずつ落ち着いてきています。

土地にはだいぶ慣れてきたようで、「自分が暮らしている町」として定着してきたようです。

こういうのって大人もそうですけど、頭で理解するものではなく、

日常の積み重ねと人との繋がりですよね。外出先から戻った時にホッとする感じというか。

実は私もようやくこの町に少し根を張れたかなと感じています。。

やはり、幼稚園でつながりが出来たからでしょうか。

でもまだまだ、ピッと引っ張れば取れてしまう程度な感じですが(笑)。

そんなわけで、3歳10カ月現在のチビの様子をつらつらと綴ります。

備忘録ですので長いです。

 

f:id:kabosuchan:20170529182751j:plain

 (↑5月10日に撮影:バラ サーシャ いい香り♡ですよ)

 

①幼稚園での様子

4月は幼稚園に慣れるのに精いっぱい・・・といった感じでした。

出だしは好調だったのですけどね。

今まで芦屋では一時保育に週2日を9カ月、東京では最初の2カ月くらいかな。

預けていましたが、基本少人数で0歳から3歳未満の子が多く、

えんえん泣いている子もいましたがあまり激しい雰囲気ではありませんでした。

が、4月の幼稚園はかなりカオスな雰囲気!!

泣いている子もいれば、やっぱり乱暴な子もいて、

しかもチビは東京で培った?お友達への恐怖心があり(ひどい時は赤ちゃんに触られるだけでも悲鳴を上げていた)、なかなか厳しいものがあった様子。

もともとうちの子は慎重派で、2歳までは場所見知りも人見知りも激しかったし、

すぐに「せんせーい」と甘えられるタイプでもなく、しかも母子分離は出来ていたので泣くでもなく、先生のお話を良く聴いて(←これは先生がおっしゃっていました)、他の子がワイワイとにぎやかな中、静かにしていたようです。

先生は新任の先生。

面談の時にチビの様子を聞くと、チビの事をよく見て下さっているのだなー、相性は悪くないようだなと思いつつ(うちの子の特徴って結構ぱっと見ているだけだと分かりにくいんです)、

登園時のチビの顔がどんどん曇っていくに従い、私もどんどん不安になってき・・・。

そして入園して約2週間くらいで、チビが「○○幼稚園、嫌い。楽しくない。」とついにおっしゃいました。

それを打ち明けてくれた時の顔がすごく心もとない顔だったので、なんとかしなくてはと、いつでも相談に乗って下さるという園長先生にすかさず相談し、園長先生経由で主任の先生、担任の先生、助手の先生に色々伝えられたと思われます。

その後、チビも色々かまってもらい徐々に安定して行きました。

助手のベテランの先生が「困ったことがあったら何でも言っていいんだよ。先生が○ちゃんを守ってあげるから!」とさらりと言って下さった時にチビの頬がほんの少しだけ緩んで、そのかすかな緩みに私はちょっとホッとしたのでした。

で、5月中旬には顔つきも明るくなり、私もようやく心配から解放されるのかと、担任の先生に「ようやく慣れてきたみたいです!!」というと、先生が「良かったです。うちのクラス自体が最近落ち着いて来たんです。」とのこと。

気がつけば、ママ、ママといつも泣いていた子も泣かなくなり、

いつも抱っこで通園していた子も突然歩き始め、

お弁当が全く喉を通らなかった子も、お弁当を完食出来るようになりました。

やっぱりどの子もいつかは慣れるものなんだなーなんて嬉しくおもっていたら、

翌週は、

「ママと離れたくないよ~」と登園時泣くようになりました。

今まで泣いたりはしなかったので、

泣けるようになったのはいいことなのかも?と思いながらも、まだまだ心配な毎日は続きそう。

そんなチビですが、ここ何日かは男の子のお友達と帰り道に一緒に帰ってます。

チビも嬉しそう。同じクラスではその子だけ名前で呼ぶようになりましたよ。

こまごまと心配事はあるのだけど、(今日もお友達から噛みつかれてきたのだけど、良く聞くとうちの子も悪いんだな~。)、もう心配するのも疲れてしまって(笑)、

というか、そもそも心配するようなことでもないのかもしれないと思うに至り。

うちの子、変な癖なんかはたくさんあるし、社会性も低いけど、

良く見ると他の子も色んな子がいて、

まあ、チビみたいな子がいても不思議はないのかも。

そして、色々な幼稚園での出来事は、これから社会生活を送る練習でもあるのだし、

もまれてもまれて自分を知って行くのかもしれないなーと。

年少さんはまずはひとり遊びをちゃんと出来ること(って色々なところに書いてある)!

それはうちの子の得意分野。

f:id:kabosuchan:20170528021107j:plain

(↑パンツの中まで茶色に染まっています・・・。)

 

そんなわけで、

お友達とたくさん遊べるのは、チビの中で心の準備が出来て、一歩踏み出せる時期が来るまでほっておく事にしました。

 

ただ私の関わり方も少し見直した方がいいなと思っており、

ちょっと書き出してみました。

 

①手出し、口出ししない。先回りしない!

 なんだかつい橋渡しをしてしまうので、最小限にとどめて、

 お友達とのやり取りでチビにどうすればいいか考えさせる。

②口で伝えることの大切さを伝える。

 例えば、今は手を繋ぎたくなったら、そのまま手をお友達の手をとってしまうので、

 「手を繋ごう」とちゃんと誘うこと。

 「いいよ」なのか「いや」なのかをちゃんと聞くことを教える。

③家での遊びなどから社会のルールを伝えること。

  ちょっとしつこいところがあったり、ひねくれたりしているところがあるので、

 それを今まで、チビのお遊びだからとあまり注意したりしませんでしたが、

 これからは、私が「いやだな」と感じたら、ちゃんと「嫌だ」と伝える。

④とりあえず明るく!

 色々心配事はあるけど、取りあえず明るく過ごそう!

 

 

以上 4つ。頑張ります。 

 

②ヴァイオリン 

こちらも波があります!!よ!!!

先生にも相談して、今まで結構よどみなく進んでいたので、

ペースダウンしてもらいました。

先週は本当に練習を嫌がりまくって、ついつい私も怒ってしまったり、

イライラした様子をみせたりしていましたが、

よーーーーくチビの様子をうかがいつつ考えると、多分「出来ない事を上手にやりなさい」と言われるけど、頑張ってるのに「出来ない」から「嫌だ」になっているということに思い当たり・・・。そうだった、チビって生真面目だった!!!

別に上手に弾けと怒っているつもりはなかったのだけど、どちらかというと、真面目にやってくれよと怒っていたのだけど、ちゃんと伝わってなかったのかも。

なので、チビに

「先生も初めはすっごく下手くそだったし、今はチビも下手くそでいいんだよ。

出来ないのは当たり前だよ。

でも少しずつでも上手になるには練習をしないとなれないよ。先生みたいに上手になりたくないの?」と試しに言ってみたところ、「なりたくない」と言うだろうなーと思っていたら、「なりたい」とのこと。

で、ここ3日間は頑張って朝練しましたよ。

何度言っても治らないところは軽く注意して、出来るようになったところがあったら「お、上手になってる!!」とほめるようにしています。

するとやっぱり嬉しそうだし、やる気が出るようです。

とはいえ、相変わらず弓振りはふざけながらあっちこっちに振っているし、

真面目にやれば5分もかからない弓振りを15分くらいかけてふざけながらやっているので、朝の忙しい時だけにたまに語気が荒くなることもありますが、なんとか耐えております。

子育てって忍耐ですよね。

因みに朝は30分くらい練習してから幼稚園へ行っています。

でも、その甲斐あってか、今日は自分から「朝、練習しないの?」と言ってきました。感動!それにだいぶ上手になってきました。

良かったね。

先週のレッスンでついに弦を押さえる練習がはじまったので、これが上手になれば、

キラキラ星のメロディーが弾けるようになるし、チビも音が変わって行くのが楽しみのようです。曲が弾ければ、もっと楽しくなるよー。

因みに今エンドレスで聞いているのは「ラバースコンチェルト」。

バイオリンのCDではないけど、出だしがバイオリンの伴奏でお気に入りの様です。

 

③好きな遊び

★ブロック

 最近は手伝わずとも、下の様なものをひたすら作っています。

f:id:kabosuchan:20170529201313j:plain

★砂場

幼稚園に行き始めて、豪快になりました・・・。

ポケットやズボンの折り返しなどに砂を隠し持っていて、

油断すると部屋が砂だらけに。

★ペンギンとネズミのぬいぐるみを使ったごっこ遊び。

 

家ではこの3本柱です。

 

④絵本

絵本好きが復活してきました。

うちの子は3歳までは好きな同じ本を繰り返し何度も読んでいましたが、

近頃は新しい本を1週間くらいひたすら読んで(読まされて)、

 飽きたら終わりという感じです。

幼稚園で1カ月に1冊本を渡されるのと、それとは別に月に2冊本が届くようにしています。 それを楽しみにしている様子です。

幼稚園にも図書館があるので、そろそろ借りてみようかなと思っています。

 

  

 

 そんなものかな?

ま、とにかく、チビも母も幼稚園生活に順応中です。

 

ブロック選び 学研ニューブロック

先日、チビのおもちゃに学研のニューブロックが追加されました。 

www.toysrus.co.jp

 そろそろブロックを追加で買ってあげた方がいいなーと思っていたのですが、

レゴにするか学研のニューブロックにするか悩んでいてのびのびに。

というのも、うちにあったブロックのうち、2歳の時に頂いた、学研 ジュニアソフト ベビーケース(学研ニューブロックのベビー版、もう廃番)へのチビの食いつきが恐ろしいほど良くて、もうひとつのブロック(ボーネルンド ポリーエム ベーシックボックス)と比較すると、遊ぶ回数も断然多く、自分の力で色々な創作物を作れていたから。

一方、レゴ(デュプロ)は、2歳半くらいの時、一度トイザラスの体験コーナーで使って以来、未体験。

その時はレゴはまだ全然で、デュプロは結構頑張って作っていた気もするけれど、うーん、忘れてしまったよ。

↓学研 ジュニアソフト ベビーケース(2歳0カ月) 小さな船をたくさん作ってます

f:id:kabosuchan:20170404234726j:plain

レゴデュプロ(2歳5カ月の時) こちらも船(船の土台部分は手伝ったと思われます)

f:id:kabosuchan:20170405000717j:plain

でも、レゴはやっぱりブロックの代表格だし、そろそろ使ってみてもいいんじゃない?

色々な色やパーツがあって楽しそう。汎用性もあるしなー。とぼんやりと考えていたところ、よく参考にさせて頂いているブロガーさんのレゴデュプロの記事を読んで一気にレゴ熱が高まり「レゴにしよう!!!」という気持ちに!

ところがですね、チビに「どちらがいい?」と一応聞いてみると、

迷うことなく学研のニューブロックを指すのですよ。

学研のニューブロック、支援センターなどでよく見かけますが、井桁型のブロックは見た目なんだかなーといった感じ(学研さん、ごめんなさい)。

が、近くのキッズスペースにあって、やってみると思った以上に楽しい!!

チビが選ぶ理由もなんとなくわかります。やはり長く愛されるおもちゃは愛されるだけの理由がありますね。

そんなわけで、私としてはなかなかレゴにたどり着けずもどかしい気もしますが、

折角なので、学研のニューブロックのおススメpointを並べて行きたいと思います。

 レゴに食いつきの悪いお子さんも、もしかしたらこちらは行けるかもしれません。

使う頭が全然違います。ちょっとした発見でしたよ。

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

①自由度が高く、軽くて大きなものを作りやすい

f:id:kabosuchan:20170419203924j:plain

 形さえ合えば、色々な方向へつなげることができます。

そして、面で組み立てていくので、大きなものが作りやすく、

また、軽いので持ちあげて遊びやすいです。

写真は私が下の船の部分を作ってあげたものですが、上の部分を自分でどんどん思うように組み立てて行っています。

 

②少ないブロックでも遊びやすい

ブロック自体が大きいので、2つをつなぎ合わせただけでも見立て遊びがしやすいです。写真の上は船のつもり。子供にとっては十分船に見えるようですよ。

下は車のつもり。

ニューブロックではタイヤっぽいものでもタイヤとして使わなくてもいいし、

お花もタイヤになってしまいます。

ひねくれもののチビは井桁のブロックをタイヤの軸となるパーツに突き刺し、

ガタガタタイヤとかなんとかいって、「変わったタイヤ―」なんて言いながら遊んでいます。

 f:id:kabosuchan:20170420095949j:plain

 

③タイヤパーツが豊か

タイヤの繋ぎ方だけでも3種類あります。

タイヤとタイヤの軸となる部分はもちろんはずれますし、タイヤの軸として使わなくても観覧車の回転軸になったり、色々使えます。ここら辺も自由度が高い!

f:id:kabosuchan:20170420100027j:plain

 

④可動部品がある。

形が一部六角形の部品があり、それをブロックに差し込むことによって、

カタカタという感じですが、動く部分を作ることができる。

また、③でも書きましたが、タイヤの軸部分の部品も可動部品として使用出来ます。

なので、船のタラップを上げ下げしたり、ダンプカーの貨物部分を可動式にしたりも

工夫によっては出来ます。

f:id:kabosuchan:20170420100055j:plain

 

⑤パズル要素がある。

組み立てるのに意外と頭を使います。

というのも結構パズル要素があって、大きいものを作ろうとすると先の事まで考えないといけなかったり。

こちらは階段。結構上手に作っているなーと感心(親ばか)

f:id:kabosuchan:20170420101459j:plain

チビも、「こことここがでっぱてて、ここがひっこんでるのが欲しい。どこだ??」とかぶつぶつ言いながらやっています(笑)

 

⑦柔らかくて踏んでも痛くない!ブロック音がうるさくない!

我が家は床にバーンと散らばして、かなり豪快に作成するタイプなのですが、

こちらのブロックは柔らかいので踏んでも痛くないし、ガチャガチャ音もせず、

すごくいいですよ。乱暴者向け。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

そんなわけで、学研のニューブロック、なかなか楽しめます。

が、女の子よりも、もしかしたら男の子向けなのか?とも思います。

とにかく、乱暴に扱ってもうるさくないし、痛くないし、大きいものを作れて、それをそのまま激しく動かしてあそべ、車輪などのパーツが充実していて、色んな乗り物を作成出来る。

難点と言えば「再現性」ですかね。どんなに頑張ってもレゴみたいに本物そっくりには作れません。でも、年少3歳児にはそこを補ってありあまる想像力があります。

それと可愛いパーツなどはないので、女の子はどうなのかな?

まあ、おもちゃって子供の性格に寄るところも大きいので、

ブロック選びの参考になればいいなと思って書きました。

4歳になったら、レゴを買ってあげたいなあ・・・。

 

因みレゴデュプロの遊び方については、丁寧な生活ぶりを参考にさせて頂いている(けどなかなかできない)さわこ。さんの記事がすごく参考になりましたよ!レゴ、欲しいなあ・・・。

www.mamastep.com

 

 

 

 

 

 

記念樹が増えてきた!

ようやくブルーベリーの鉢を植え直しました。

本には3月下旬が良いとなっていたのですが、もうすでに4月中旬に差し掛かっているような。

鉢植えだと1年に1度一回り大きな鉢に植え直した方が良いそうです。

うちは一回り大きな鉢にする代わりに、根をだいぶカットして、

同じ鉢に植え直しました。

バラの本には根をカットする方法が書いてあったので、

ブルーベリーに活用できるのか分かりませんが、

チャレンジ?です。

因みに去年の春はバラの鉢を入れ替えたので今年は見送ったのですが、

イマイチ元気がありません・・・。

子供が出来てから、なかなかベランダで園芸作業がままならなくなり(あちこちにスコップで土をまかれ、泥だらけにされる)、全体的に勢力不足・・・。

因みにバラは結婚記念、ブルーベリーは実家から株を分けてもらったもの1本+新植1本で初節句のお祝い、いちごは先日頂いた入園祝いです。

なんとか元気を取り戻してもらわねば!!!

 たまに1週間くらい家を空けるため、強い植物だけが生き残っているわがベランダガーデン。

それでも、色々な植物からどんどん新芽が上がってきていて、春の訪れを感じますよ。

 

新年度ですね(3歳8カ月)

ついに4月ですね。

最近はあまり通勤時間に電車に乗らなくなってしまったので

フレッシャーズの風を感じる事が出来なくなってしまいましたが、

週明けにはきっと電車の中には初々しい顔がちらほら見られるのかな?

と想像しただけで、なんとなく楽しい気持ちになってきます。

 

先日遅ばせながらウルグアイの元大統領のホセ・ムヒカさんが来日された時の様子をまとめた書籍「ホセ・ムヒカと過ごした8日間ー世界で一番貧しい大統領が見た日本」という読みました。

その中で印象に残っている言葉をちょっと載せてみます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

いま納得できないことがあるなら、自分で新しいものを始めなければならない。

中立であってはいけない。

意志がなくてはいけない。

責任をはたさないといけない。

それは自分自身の為でもあり、後の世代の人たちのためでもある。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

いつの世も、若さには希望がある。

若さとは年齢ではなく、魂の問題だ。

魂が若ければ、闘う事が出来る。

魂は老いてはいけない。

ただし、熟練していかねばならない。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

どちらも私の胸にずんと来ました。

 

因みにチビも4月から幼稚園のフレッシャーズです。

入園式には、満開の桜の下で春ならではの淡い優しい色彩をバックに、

真新しい制服を着たチビが、お友達と一緒に先生に引率されて教室に入る姿を想像すると、

昨年が山あり谷ありだっただけに、ようやくここまで来たかと感慨深いものがあります。

ちょうど昨年の今頃、住みなれた芦屋を離れたんだなぁ。

なんだかノスタルジックな気持ちになるのも、この季節ならではなのかもしれません。

お友達はまだ出来ておりませんが、安心して子供を育てられる環境にいることに感謝です。

 今日は幼稚園に入園直前のチビの様子をつづる予定です。

備忘録を兼ねていますので、長くなると思います・・・。

 

1.反抗期!!

先月も書きましたが、反抗期続いています。

調べてみるとイヤイヤ期と反抗期って違うのですね。

とにかく私の言ったことに「No」と言わずにはいられないようです。

例えば、砂場で遊んでいるチビに「ご飯の準備もあるからあと5分したら帰ろう!」と

言えば、「いや、6分してから。」とか

この前は私のトイレについて来て色々遊んでいた時、

何かのはずみでドアで頭を打ったので、「大丈夫??」と聞くと

「いや、頭でドアをあけようとおもっただけ」とか(笑)

思わず笑ってしまうような小さな反抗も多いのですが、

全てが万事そんな感じなのに加えて、ちょっと気に食わないと大号泣、

それなのにかなりの甘えん坊と来ていて私を精神的にもじりじりと追い詰めます・・・。

とはいえ、反抗期は大切な成長過程。

小さな自分が育っているのでしょうね。

「出来ないことが多い自分」を自覚しているけれど、一人前と認めて欲しい。

それはビシビシ伝わってきます。

 

2.妄想が止まらない

①とみりんせん

これは東京から引越してくる前からだったのですが、

ブログに書いても訳がわからないなと思って書きませんでした。

でも、最近のチビを語るにここを外しては描けそうにないので、

一応備忘録も兼ね妄想の内容をちょっと。

まず、ちびの作った鉄道"とみりんせん""あひるせん"。

そして私がつられて作った鉄道"おっとととんせん"。

どれも電車です。

"とみりんせん"は"とみりん"という街を通っている鉄道で、

"とみりん"では"とみりん語"が話されています。

とても速くて、ほぼ全ての駅を通過します。

「おおふなつうか、びゅーーん!

 かまくらつうか、びゅーーーん!!

 とうきょうつうか、びゅーーーーん!!!」

と嬉しそうに駅を通過していきます。

"あひるせん"は"あひる"という街を通っている鉄道で、

海を渡れる電車。数字とか、海とか、「終わりがない」という概念が最近のチビのお気に入りで、あひる線は海を進める電車なので「終わらない電車」と呼んでいます。

"あひる"では"あひる語"が話されています。

"おっとととんせん"は一番ゆっくり走る各駅停車の電車で、

"おっとととん"という街では日本語がしゃべられています。

・・・はい、わけがわかりませんね。

でも、会話の50%くらいにこの「とみりん」が出てきます。

しかも「ちゃんと座ってご飯を食べなさい(足癖がわるい)」

など注意すると「とみりんの人たちは足を立ててご飯を食べるんだよ」なんていいはじめ、とみりんは無法地帯。

「 あいうえお」でまだ書けない文字がたくさんありますが、

それを認めたくないのでしょうね。

最近では文字を書くのをぱたりとやめ、「とみりん語」なる文字を書き始めています。

もちろん適当な文字です。

 

地震津波、洪水

男の子って好きですよね・・・。

砂場でも、砂場セットのお皿を船にして砂の上を滑らせ、

盛り上がっている砂を波と見立てて、津波に乗っている妄想で楽しんでいるようです。

ちなみに母は波にのまれる船の役・・・。

だから、女の子(いや、男の子でもだけど)が「あそぼ」と来ると、母としてはこの状況をどう伝えたらいいのか迷います。

f:id:kabosuchan:20170402233917j:plain

↑雨にも負けず、砂場で遊ぶチビ。公園には私達のみ。

 

②やさいを食べると踊る虫

これはちょっと妄想とは違うかもしれないけど。

もう3歳なので自分でご飯を食べることはできるのですが、

ご飯と肉のみ自分で食べて野菜は放置!!!

私が口に運んであげると食べるんですけど、自分からは食べない・・・。

甘えておる!!!でも、怒っても食べないので、色々試した結果、

変な事になっています。

私の手を虫さんに例えてちょこちょこ動かし、

「おやさいをたべてね」と言って、

1口1口お口の中を虫さんがチェック。

全部食べたら、虫さんが歓喜のダンスをするというわけの分からない事を

毎食やっています。

チビは虫さんのダンスをみたいので、自分で頑張って食べています。

旦那さんがその様子をみて、頭をかかえています。

その気持ち、よーーーく分かりますが、自分で食べるだけいいかなと

続けています。

 

3.バイオリン

この1カ月はバイオリンなしには語れません。

初めての発表会の様子はこちら↓

kabosuchan2015.hatenadiary.jp

 

生活にバイオリンが浸透してきている感じがします。

練習の山場は弓を振る練習で、弓を縦に立てて地面と水平に100回、上下に100回、弓を倒して上下に100回。他にもリズムの練習や実際に弦を鳴らす練習等、練習メニューを全てこなすと途中の叱咤激励時間を含め、1時間弱。

反抗期なので、「今日は何時から練習する?」と言って時間を決めさせて、

時間になったらサクッとバイオリンをケースから出します。

すると案外気持ちが切り替わるようです。

基本的に「頑張りたい」と思っているのもあると思いますが、

最後にチビにちょっとバイオリンを貸してもらって、

私も練習して「バイオリン、言い音でるねー。」とか「難しいけど楽しい!」とかなんとかいって、自尊心をくすぐるようにしています。

休みの日はお父さんにもレッスンしてもらったり。

ちなみに7日のバイオリンのレッスンの日からこの弓振りははじまりました。

達成するとカレンダーにシールを貼ります。

f:id:kabosuchan:20170402235905j:plain

カレンダーをみると10・11・25日は100回まで行けなかったのですが、あとは100回と言わず150回とか200回とかちょっと多めに自分から頑張って練習しています。

言われたとおりにするのは嫌いなタイプなので、少し多めに頑張っているようです。

 

4.遊び

 この1カ月は前半本当に外で遊んでくれなくて、

私が外に出たい派なので、かなりストレスのたまった1カ月でした。

しかも積み木遊びもブロック遊びもお絵かきも工作も、「ままも作って」と言うわりに私が作りたいように作ろうとすると「そんな風に積まないで」とか「それはこうじゃない」とか一挙一動にダメ出し。私ももううんざり・・・。

「好きなように遊ばして!!そうじゃないと楽しくない!!」と子供のように

私が怒っていることもありました・・・(相変らずダメな私です)。

が、後半になってまた砂場遊びが楽しくなってきたようで、

14時くらいから外で遊んでくれるようになり、なんだかホッ。

最近ボール遊びが好きなのかなと思って、ボールばかり持って行っていたので、

楽しくなかったのかも。

やっぱりチビは砂遊びが好きなんだなーと改めて確認させられました。

あとは引越して3カ月過ぎてようやく慣れてきたのもあるんだと思います。

 

身体面では、走りまわったり、ジャンプしたり、高いところがあれば必ず登るし、

無駄にけんけんしたり、なんだか体力有り余っている感じです。

 

↑新しく出来るようになった技?

 

 

5.兄弟が欲しそう

最近、見立て遊びをしていると、お父さんとお母さんと子供が2人とか3人とかの設定が多いです。

兄弟が欲しいようで、

「赤ちゃんいたら、優しく出来る?」

「○ちゃんの赤ちゃんの時と一緒で、赤ちゃんがいたらお世話が大変でなかなか○ちゃんと思うように遊べなくなると思うけど」と言っても、

「大丈夫」とのたまいます。

今日、どんな流れだったのか忘れましたが、なぜか兄弟ごっこをしていたら、チビは赤ちゃんにたくさん折り紙を折ってあげたり、

好きな音楽を聞かせてあげたり、兄さん風を吹かせたりしていました。

わたし、もう一人いけるのか??

頑張りたいけど、まさに高齢出産。ちょっと怖い・・・。

 そんなところでしょうか。

幼稚園が始まったら、どんな変化があるのでしょうか?

楽しく幼稚園生活を送れますように!!

そればかり思っています。