日々これ上々

なにげない毎日のささやかな事件?を記録します。

子供の可愛い言葉

先日、バイオリンのママさんと子供が学校に行っている間にお茶をしてきました。

皆新1年生を持つ母なので学校の話が多かったのですが、

同じ市内でも、勉強時間が違っているようで(お友達のところは4時間授業、うちは5時間授業)、ビックリしました。

学校ごとに決めてるの??授業時間にものすごく差がつくけどいいのだろうか・・・?

不思議ですが、それぞれ色々ありながらも、楽しく学校に通っているようです。


最近は、もう特になにも言わずとも、夕方になるとZ会→宿題→明日の準備→バイオリンをさっさとやります。

バイオリンの練習はしたくないそうですが、「でも上手になりたい」ので頑張って練習するのだそうです。

今練習しているのは2巻のベートーベンの「メヌエット」。

この曲を弾けるようになれば、あと1曲で3巻へ行けます。

ミニヨンの「ガボット」で1つレベルアップしますね。

音色や弓さばきもぐっと上手になった気がします。

8月頭に本来なら夏期学校があるはずでしたが、コロナで中止。

1年生の7歳の感性で受ける夏期学校に行かせてあげたかったなと思いますが、

しょうがないですね。

前回の夏期学校の後から、今年いけそうな曲のクラスを勝手に迷っていましたが、

ベートーベンのメヌエットでいけたなーと思ったりして名残惜しんでいます。


全然関係ありませんが、バイオリンの先生が『うちの生徒さんは中学受験はみんな第一希望に通ってるわよ』なんておっしゃっていたらしく、

お茶しながら『なんだかプレッシャーだね~』と笑いあいました。

うちの場合、中学受験するかどうかはわかりませんが、大変でも目的の為に努力するというベースは

バイオリンが作ってくれたかなとは思いますが、、、


ところで、話は変わりますが、

先日、同じマンションで息子と同じ年の一人っ子の男の子が「夜1人で寝ている」という話を聞いたので、

主人とその話をしていたら(うちはまだいいかなーと思ってますが)、

息子が

「〇ちゃんもね、一人で寝ようと思ったら一人で寝れるんだよ。

でも、ママがいないとこころがほそくなっちゃうの。」

と言いました。


私は思わず、『その言葉、知ってる!!”こころぼそい”!!!』と言ってしまいましたが、

男の子ってなんだかいじらしいですね。

やっぱり、一緒にいると安心するのでしょうね。

一言で、私の心はズキュンと撃たれたのでした(笑)

本題が短い・・・(笑)

子供の道徳

「子育てに正解はない」

だからこそ、本当に難しいなと思う。

特にうちの子は「我」が強いタイプなので、

お友達とのやり取りを見ていても、

「自分のやりたい」を突き詰めてしまう感じ。

それを邪魔されるとむっちゃ怒る。

 

例えば砂場遊びで、今はダムを作るのが息子の中でブーム。

水を汲んできては、放水させて楽しんでいる。

なので、ダムを決壊させるのは嫌。

でも、お友達と遊んでいると、

バシャーンと派手にダムに水をぶち込む?のが好きな子も多くて、

そうすると大体はダム崩壊。

すると「やめて~~~(怒)!!!!」とむっちゃ怒っているので、

お友達は怒られるばかりになり、皆他で遊びだす。

「そりゃそうだよねー」と母は思うけど、

でも、お友達と遊ぶのが好きな子なので、

なんとかならないかなーとも思います。

 

一応、

『一人で遊びたいなら「やめて」でもいいけど、

お友達と遊びたいなら、皆それぞれやりたいことがあるから、

「やめて」ではなく、皆が楽しめるように工夫したほうがいい。

ちょっと考えてみて。』

とはこの間伝えましたが、分かってくれたかな~。

 

育て方が悪いのかもとも思うけど、

もともとの性格でもあると思うんだな。

そもそも「我」が強いことは悪いことなのか?

学校の先生に相談すると

「それは〇〇君のいいところだと思いますよ。

少し大きくなると成長してなくなると思います。」

と言われたり、

市の子育て相談も、

「1年生はまだまだ人間関係勉強中よ。見守って下さい。」と言われるので、

待つしかないんでしょうね。

が、見守っていると、たまに「我」が強いこととアマノジャクなことが、

ややこしく絡み合うので、

そういう姿を見ると「大丈夫かな~」と心配になる小心者の母なのでした。

 

基本はすごく優しいし、フェアな子なので、

譲るところと譲らないところのバランス感覚を身に付けたら、

もう少し人として幅が広がると思う。

 

今日もお風呂でシュノーケルを使って、

おさるのジョージで知ったサイフォンの原理の実験をおしりふりふり?

ひたすらしている姿をみると、面白いな~と思うし、

今後が楽しみでもあるんですけどね。

 

と前置きが長くなりましたが、先日体調不良で内科へ行ったら、

 

honto.jp

↑このシリーズが置いてあって、

子供にわかりやすく武士道を解いてあり、

「いいな」と思ったので、

似たような本がないかな~と図書館に借りに行って↓こちら

honto.jp

を借りました。

子供がわいわい怒っているときにさりげなく読み始めると、

子供も何か感じるものがあったのか、

とっても気に入って、今日はお布団で一緒に読みながら眠りにつきました。

親がいうより、仏様の言うことのほうがすっと心に入っていくようです。

お寺の幼稚園出身ですしね。

子供にとって、なにかヒントになったらいいなー。

 

ものづくり教室&もうすぐお誕生日

先日、プログラミングやロボットを作成する教室の体験会に行ってきました。

うちの子、プログラミングやロボットを作るよりも工作の方が好きなんですが、

その教室は作りたいものがあれば相談に乗って一緒に作ってくれるコースもあったりして、ママ友から「〇〇ちゃん(うちの息子)に合うのでは?」と言われ、

早速行ってみましたよ。

なんでも自作でルンバとか作っちゃうマニアな先生らしい。

 

その教室では、レーザーカッターや3Dプリンターなども置いてあり、

息子は興味深々・・・。

矢継ぎ早に質問しておりました。

で、作成途中のドローンを見て、再び興奮する息子。

来る前に「太陽光で動く船のラジコンを作りたい」と言っていた流れで、

「太陽光で動くドローンを作ってみたい」と。

太陽光パネルが重くて飛べるかな~。

太陽光で充電できるドローンはどう?」と先生が言うと、

「じゃあ、太陽光パネルは下に置いておいてコードをつなげて飛ぶドローンは?」と息子。なんでも出来立ての電気を使いたいらしい。

「一度作ったことがあるけど、コードがあるとそちらに傾いてうまく飛べなかったんだよ~」と先生がいうと、

「バランスよく4か所にコードを引いてみたらどうかな~?」と息子。

「なるほどね、横に飛べるかわからないけど、面白そうだからやってみよう。」と

そんな流れになりました。

 

でも、まずはラジコンの船で慣れてから、ドローンに挑戦するそうです。

体験会で作らせてもらった壁沿いを歩くネズミ。

f:id:kabosuchan:20200629093855j:plain

習い事というより、お楽しみって感じですが、

月に1度のみ通わせてあげようと思っています。

バイオリンを頑張ったご褒美はこちらに変更しようかな~。

 

話は変わりますが、

もうすぐ誕生日。ついに7歳になります!!

お誕生日といえばプレゼント!!!

欲しいものが多すぎてずっと悩んでいましたが、ようやく望遠鏡に決まりました。

色々探した結果、

スコープテックさんのラプトル60という製品にしましたよ。

f:id:kabosuchan:20200629095452j:plain

 

こちらの望遠鏡はメーカーさんが小学校低学年の子供が自分で使える望遠鏡をと

作った「ラプトル50」の改良版です。

ラプトル50は

高い性能と初心者に向けた、商品作りが評価され、国立天文台宇宙航空研究開発機構JAXA)、日本天文学会などで構成される、世界天文年日本委員会より、世界天文年セレクションを受賞したそうです。

子供向けということで倍率はそこまで高くないのですが、レンズなどにこだわり、

すべて国産だそう!!

高価なものではあるけど、これからの趣味になると思えば、

何とか小学校低学年がプレゼントしてもらえそうな値段も魅力(笑)

主人はビクセンがいいのでは?と言っていましたが、

初心者向けは中国製らしく、息子が「日本製がいい」というのもあり、

こちらにしました。

 

土星の環っかや木星の衛星までは見えるそうなので、

届くのが楽しみです。

子供の世界も少しずつ広がっていきますね。

息子も欲しいものが増えすぎて、「お手伝いをすると10円」を思い出し、

昨日は風呂の排水溝掃除をしてくれました(笑)

排水溝掃除は大変なので、もうちょっと弾みましたが、

「今日も風呂掃除をさせて。」と勤労少年になっております。