読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々これ上々

なにげない毎日のささやかな事件?を記録します。

最後のあがき!

今日はいい天気でしたね~。
今日はちょっと面倒くさい図面を書いていて、なかなか外に出れませんでしたが、
なんとかさっき終わった!
明日から、1週間ほど引っ越し休暇に入ります。
東京生活にもカウントダウン、入ってきましたね。
週間天気予報をみると、なんとか1週間、お天気には恵まれそう。
今週は洗濯機フル稼働の予感がしているので、良かったです。

一昨日、昨日はまたまたお友達と会っていました。
一昨日は、ベビーカーを譲ってもらいましたよ。
表参道でランチをした後、家まで持ってきてくれた~!
車がついてるから、ただ押せばいいだけなのに、優しい・・・。
私自身が若干?不良妊婦の部類であちこち出かけているだけに、
己を反省すると共に、心遣いが胸にしみました。有難う・・・!
出産して落ち着いたら、おふるも送ってくれるそうで、有難いことだ。
しかも、ずっと前、友人と贈った出産祝いが大学時代の友人の間を巡り巡って
戻ってくる?そうで、大切に使ってくれたのね~と嬉しく思いました。

そして、昨日。
大荒れの天気になるのか??と心配していましたが、恐ろしいくらいの快晴!
表参道のケヤキの新緑がまぶしい!!



行ってみたかった日比谷公園の「松本楼」でカレーを食べ、
前の会社のデザイナー研修で定点観測をし続けたスカイツリーに登ってやるうという目論見の元、
日比谷公園にて、強風の中、お昼過ぎに友達と待ち合わせしました。
日比谷公園ビルマのお正月イベントをしていて、ドンドコドンドコまつりムードでしたよ。





強風にあおられながら、テラス席で。
私は季節の野菜カレーを食べました。
なんか途中でパラソルが飛んでいくくらいの強風にあおられ、
時間が経つにつれ
コップの水やカレーの中には、植物から飛んできた、色々なものが投入されましたが、
まあ、気にしないのであります。そんなことは。
松本楼は歴史も長く、カレーが有名です。
昔色々あったらしく、9月25日には100円でカレーが食べれます。
すごい人だろうな~。
いつも入りたいなと思いつつ、並ぶのがめんどうで後回しにしていたので、
入れて良かった!付き合ってくれた友達に感謝です。美味しかったです!!

そして、ブリックスクエアに寄って、美術館をちょっとのぞき、いよいよ、押上へ移動しました。
実はスカイツリーは一昨日の夜から続く春の嵐の為、
昨日も18:00まで営業中止のお知らせがでていたので、
ちょっと早めに行って、18時には夜景をみてフィニッシュ!だ!と私達ははりきっていたのです。
こんなに晴天だったら、ちょっと早く営業開始するんじゃないの~、くらいな感じで
考えておりました。
が、あのスカイツリーに問題だったのは、パラソルを吹き飛ばしてしまうくらいの強風だったのでした~。
なーんと、18時まで営業中止のはずが、終日営業中止になっているではありませんか~。
がーん。なんと運がないのでしょうね~。
じゃあ、船に乗ろう!と隅田川からスカイツリーと葉桜を楽しむ会へ変更しようとすると、
昨日の雨により川の水位が上昇しすぎていて、
船も運航中止!!!おっとおっと。
私達の下町散策はことごとく自然現象に阻まれてしまったのでありました~泣)。

が、友達の会社の遠足部の部長さん?が浅草付近で散歩しているということで、
合流して、隅田川沿いを案内してもらいましたよ。
スカイツリーのライトアップを生で見たことがなかったので、
川沿いをてくてく歩きつつ、スカイツリーのライトアップを楽しみました。
スカイツリーのライトアップはピンク色。



遠足部部長さんいわく、桜まつりバージョンだそうです。
観光船は出ていませんでしたが、屋形船は出ていて、船の灯りと橋のライトアップがきらきらと
とても綺麗で、なんだか感動。
久々に川のある風景を堪能したなぁ。
スカイツリーに登れなくて残念でしたが、最終的にはとても満足でしたよ~。

そんなわけで、明日はこちらでの最後の健診に行って(糖が出ませんように!!)、
本格的にお引っ越し準備を始めます。
あ~、なんだか実感湧いてきました。なんだかドキドキしますね~。

余談ですが、友達とスカイツリーで記念撮影しましたが、
さっきしみじみ見ていたら、私のお腹、自分が思っているより出ているのでびっくりした!
今日はおしりのあたりで定期的にとくんとくんと胎動を感じるので、
「これが噂のしゃっくりか??」とネットで調べてみると、やっぱりそうみたい。
今日は1日何度もしゃっくりをしていたので、大丈夫なのかとさらに調べてみると、
赤ちゃんは呼吸の練習をしているそうです。
そうかそうか、ちゃんと練習するんだよ~。めんどうくさがったら、外に出た時困るからね~。
母が面倒くさがり屋なので、心配になりますね。